2017.03.20

鳩を狩って飛翔するハヤブサ

自分の体重の半分以上はあるかと思われる大きな鳩を狩って飛翔する雄のハヤブサです。
最速の鳥ハヤブサは、獲物となる鳥を目がけて高速で急降下してキックをしたり、高い飛翔能力をもって執拗に追い回し鋭い爪で仕留めたりします。
カメラのファインダーを通して、ついさっきまで輝いていた生命の灯が消えていく瞬間を眼にするたびに、自然の非情さを強烈に感じさせられるとともに、そうした灯を日々紡ぎながら生態系の頂で力強く生き、子孫を繋いでいく猛禽たちの姿に畏敬の念に近いものすら感じます。







Posted at 08:09 | ハヤブサ | COM(2) | TB(0) |
2017.03.10

コミミズクの飛び出し







Posted at 21:51 | コミミズク | COM(0) | TB(0) |
2017.03.04

濡れた羽を乾かすカンムリワシ

霧のような雨が止み、濡れた羽を乾かすカンムリワシです。







2017.02.26

南の島の猛禽に逢いたくて

南の島の猛禽に逢いたくて4泊5日の行程で彼の地を訪れました。
南の島と言えば青い空とコバルトブルーの海ですが、期間中ずっと雨模様で結局一度もそうした綺麗な景色を目にすることはありませんでした。
そのため今回は少しでも雨の影響を受けにく山方面を中心に探索しました。
今回も車内からの撮影に徹したため警戒されることなく距離をつめることができ、新たに導入した装備の効果もあって一度も飛ばれることなく近距離撮影ができました。
カンムリワシだけで15個体以上撮影しましたので、また何回かに分けて掲載していきます。








2017.02.18

ハヤブサのストレッチ







Posted at 17:36 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2017.02.11

雪が降る中のオオワシ

この日は近畿にも寒波が到来していて天気予報は雪でした。
そのためこのフィールドではレアな雪山を背景としたオオワシに期待して遠征しました。
しかし、到着すると雪は激しく降っていたものの山にはほとんど積もっていませんでした。
撮影しているとレンズにみるみる雪が積もっていき、シャッターを押す指の感覚もなくなっていきましたので1時間ほどで限界を感じ撤退となりました。






Posted at 07:44 | オオワシ | COM(2) | TB(0) |
2017.02.04

レンズサック購入

車内からの猛禽撮影用にLensCoat 社の レンズサックを購入しました。
色は他の機材と統一感をもたせて「リアルツリーハードウッド」にしました。
それに自由雲台を装着して車内から飛び回る猛禽を自由自在に写そうという計画です。
しかし実際セッティングしてみると、私の車(レクサスLS)の場合はドアが厚いためしっくりと収まらず、窓枠も高くないため、なんとかギリギリ使えるかなぁ・・・という微妙な感じです。

レンズサック+自由雲台

車に着けるとこんな感じになります。

ドアの厚みがかなりありますのでしっくりと収まりません・・・

窓枠の高さもなんとかギリギリという感じです。



Posted at 10:29 | 機材 | COM(0) | TB(0) |