2008.10.01

八重山諸島遠征(アカハラダカ)

 アカハラダカはまだ本格的な渡りを迎えていないようで、あまり多くの個体を確認することはできませんでした。最盛期には1日で数千羽が飛ぶこともあるとのことですが、観察時間が短かったこともあり、2日目に5羽、3日目に約30羽、4日目も約30羽ほどしか飛翔を確認できませんでした。しかも、いずれも撮影地点から距離が遠かったため、あまり満足できる写真が撮れませんでした。
 そして、飛び立ち前の個体が樹に止まっていないか、重い機材を担いで山を歩き回って探しましたが、ほとんど見つけることができませんでした。また、警戒心がかなり強かったため、こちらが見つけるより先に飛び去ってしまい、止まり物はかろうじて雄を1個体撮影できただけでした。

・アカハラダカ(雄) 唯一まともに撮れた止まりものです。



・アカハラダカ(幼鳥) 観察地点から80mほど離れた枝に止まってくれました。


・アカハラダカ(雄) 飛翔


・アカハラダカ(雌) 飛翔




・アカハラダカ(幼鳥) 飛翔






・観察地点からの景色