2009.02.02

オオノスリ

1月30日(金)から2泊3日で長距離遠征に行ってきました。
午前8時50分に現地空港に到着しレンタカーを借りて探鳥を開始しました。
この場所での目的はオオノスリとコミミズクの撮影です。
時折小雨がパラつく空模様で、条件が悪い中での撮影でしたが、オオノスリは何とか止まり物と飛び出しと飛翔を撮ることができました。しかし、コミミズクは一度も現れてくれませんでした。
 2日目は隣県の干拓地に移動してハイイロチュウヒの雄を狙いましたが、まともな写真は撮れませんでした。2日目の写真は後日アップします。
 3日目は晴れで光の条件が良かったので気合を入れて日の出前からオオノスリとコミミズクのポイントに向かい、7時頃から探鳥を開始しました。ハヤブサやハイイロチュウヒ雌タイプなどの猛禽は見かけるものの限られた時間ですからスルーして、オオノスリとコミミズクを探しました。飛行機の出発時間限界の16時30分まで探し続けましたが、その間オオノスリが遠方を3回飛翔しただけで、まともな写真を撮ることができず、コミミズクも一度も現れてくれませんでした。
 今回の遠征は、欲を言えば限がないですが本命のオオノスリはそれなりに撮ることができましたので、なんとかノルマは達成できたかな、という感じです。この地方には他にも魅力ある猛禽フィールドも数多くありましたので、1週間くらいじっくりと時間を掛ければかなりいい写真が撮れそうな印象を受けました。

・人工物ですが(距離約100m)


・雨が降る中で(距離約80m)


・飛び出し、飛翔(距離約80-70m)
 夕方、雨、半逆光、車内からの手持ちロクヨン+1.4テレ撮影という悪条件のワンチャンスにしては
 それなりに撮れた方だと自分では思っています。






・3日目 天気が良かったので距離が近ければよかったのですが・・・(距離 300m以上)



Posted at 21:46 | オオノスリ | COM(11) | TB(0) |