2017.04.21

ハヤブサの求愛給仕

繁殖期を迎えたハヤブサの雄(写真右)が雌(写真左)に狩ってきた獲物をプレゼントするシーンです。

(平成29年3月撮影)






Posted at 23:43 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2017.03.20

鳩を狩って飛翔するハヤブサ

自分の体重の半分以上はあるかと思われる大きな鳩を狩って飛翔する雄のハヤブサです。
最速の鳥ハヤブサは、獲物となる鳥を目がけて高速で急降下してキックをしたり、高い飛翔能力をもって執拗に追い回し鋭い爪で仕留めたりします。
カメラのファインダーを通して、ついさっきまで輝いていた生命の灯が消えていく瞬間を眼にするたびに、自然の非情さを強烈に感じさせられるとともに、そうした灯を日々紡ぎながら生態系の頂で力強く生き、子孫を繋いでいく猛禽たちの姿に畏敬の念に近いものすら感じます。







Posted at 08:09 | ハヤブサ | COM(2) | TB(0) |
2017.02.18

ハヤブサのストレッチ







Posted at 17:36 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2016.09.02

ハヤブサ






Posted at 20:48 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2016.07.02

ハヤブサ夫婦







Posted at 22:34 | ハヤブサ | COM(4) | TB(0) |
2016.06.10

巣立ち前のハヤブサ4兄弟

先週掲載しました綿雛4兄弟ですが、その18日後、元気に育って巣立ち間近の状態です。

※ 撮影は1カ月半ほど前ですが巣立つまで掲載時期をずらしていたものです。



・羽もほぼ生えそろって巣立ちに備えて羽ばたきの練習です。



Posted at 19:23 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2016.06.03

ハヤブサの綿雛 

ハヤブサの綿雛たちです。
今年は4羽の雛が元気に巣立っていきました(撮影は1カ月ほど前で巣立つまで掲載時期をずらしていたものです。)。

※ 距離が約110mあり早朝でまだ少し暗かったため画質はそれなりです。







Posted at 23:49 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2016.05.26

ハヤブサの叫び

子育て真っ盛りのハヤブサの雌が、獲物を捕って帰ってきた雄を見つけて早く自分のところに持ってくるように叫んでいるシーンです。

・この時はまだ穏やかな顔をしています。

・獲物を持った雄を見つけると激しく鳴き叫びます。

・正面から見ると結構面白い顔をしています。

・最後は今にも飛びかかっていきそうな凄い顔になっています。



Posted at 20:04 | ハヤブサ | COM(9) | TB(0) |
2016.04.16

ハヤブサ







Posted at 17:34 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2016.03.26

ハヤブサの交尾

ハヤブサの交尾シーンです。
※写真は2016‎年‎3‎月‎12日に撮影したもので、この場所での今シーズンの交尾時期はほぼ終わっています。





Posted at 18:54 | ハヤブサ | COM(4) | TB(0) |
2015.11.20

ハヤブサ

せっかくの紅葉シーズンですから、紅葉を交えたハヤブサの写真を撮ろうと思って何度かフィールドに通いました。
しかし、そう簡単には撮らせてもらえなくて、紅い葉と言われなければ何だかよくわからないと思いますが、なんとか少し紅い色を入れたという写真です。







Posted at 22:05 | ハヤブサ | COM(4) | TB(0) |
2015.06.21

ハヤブサの子育て

今年は近所のハヤブサが営巣に失敗しましたので、違うポイントに撮影に通いました。
4羽の雛が元気に育ち巣立っていきました(巣立つまで掲載時期をずらしています。)
巣までの距離が近所のポイントよりも少し遠いため画質はそれなりです。








Posted at 09:39 | ハヤブサ | COM(2) | TB(0) |
2015.04.11

ハヤブサ







Posted at 08:10 | ハヤブサ | COM(2) | TB(0) |
2014.11.15

黄葉にハヤブサ

この時期になりますと「黄葉にハヤブサ」を撮りたくて、近所のハヤブサポイントに通うんですが、なかなか黄葉した樹に留まってくれなくて、さらに良い光の条件で撮るとなると結構手強いシーンです。
この日は、比較的光が良くなった頃を見計らって撮影ポイントに向かいましたが、着いた時には運よく雌が樹に留まってくれていました。光が悪くなるまでの約3時間の撮影でしたが、その間一人で撮影している私に気を遣ってくれたのかサービス満点でいろいろなポーズをとってくれました。

・撮影距離 約80m






Posted at 21:02 | ハヤブサ | COM(2) | TB(0) |
2014.08.23

ハヤブサの幼鳥

1 (2)






Posted at 10:13 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2014.06.14

巣立ったハヤブサ

近所のハヤブサですが今年も無事に3羽の雛が巣立ちました。
雛と言っても大きさは成鳥と変わりませんし猛禽としての貫録は十分です。
巣棚までの距離がかなり近いように思われるかもしれませんが800mmのレンズで撮影しかなりトリミングしていますので、実際の距離は約85m以上(レーザー測距計で計測)あります。

※写真は6月7日に撮影したものです。今日も撮影に行きましたが思っていたより幼鳥の行動範囲がかなり広くなっていてシャッターチャンスはほとんどありませんでした。

・巣立ち約10分前の雛です。

・巣立ち直後(約10分)の幼鳥(私は巣立った後は幼鳥と呼ぶようにしています。)です。



・風切り羽と尾羽はまだ完全に伸びきっていません。

・残りの2羽はこの2日後に巣立ちました。



Posted at 19:26 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2014.06.01

ハヤブサの飛び出し

ハヤブサの同じような写真ばかり続いて申し訳ありません。
今回は少し趣向を変えて飛び出し写真を掲載します。
猛禽を撮影していて飛び出しは押さえるべきシーンのひとつですが、綺麗に撮るのは結構難しくて、私も日々修行のつもりで試行錯誤しながら撮っています。
人それぞれに合った撮影スタイルがありますのでどういう撮り方が正しいというのは無いかと思いますが、私の場合はできるだけシンプルに手持ちに近い感覚で撮りたいと思っていますので、雲台は最近流行らないウィンバリーを使い動きの軽さを調整するネジを緩めて、少しの力でレンズを振り回せるようにしています。そして照準器やレリーズは使わず(撮影スタイルによっては効果的だと思います。)に、飛び出しと同時にピントを眼に合わせ、ハヤブサの動きをファインダーの中心で追って写すというオーソドックスなスタイルです。
もちろん百発百中でピントを合わせられるわけではありませんし、ピントが合っていても眼にキャッチライトしていなかったり、あるいは光線が強すぎたりと、そこそこ使える写真は1日に10時間撮影しても数枚しか撮れないことが多いです。







Posted at 08:38 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2014.05.10

相変わらず変わり映えしませんが・・・ハヤブサ

相変わらず近所のハヤブサしか撮りに行っていませんので、変わり映えのしない写真しか撮れません・・・








Posted at 15:48 | ハヤブサ | COM(2) | TB(0) |
2014.04.26

変わり映えしませんが・・・ハヤブサ

最近は遠征する気力も衰え週末はもっぱら近所のハヤブサを撮影しています。
しかし、これといったシーンも撮れず、ただただ変わり映えのしない写真ばかり増えていきます・・・








Posted at 19:51 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2014.04.13

ハヤブサのお食事

ハヤブサの雌は岩棚で雄から餌を受け取ると飛び出し、お気に入りの樹の上でゆっくりとお食事です。

※ 私は撮影した写真はDPPで現像し加工を加えることはありませんが、この岩棚の写真に限ってはこの場所の特徴となる個所を消す処理を一部加えています。








Posted at 19:47 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2014.03.29

ハヤブサの飛び出し








Posted at 17:33 | ハヤブサ | COM(2) | TB(0) |
2014.02.22

ハヤブサ

近所のハヤブサ夫婦ですが、例年ですと求愛期に入っていますので、雄が獲物を狩って雌にプレゼントする時期なんですが、雄は積極的に狩りに行く素振を見せません。それどころか、雌がハトを狩ってくると、雄はそのおすそ分けに与ろうと、雌の近くでまるで雛のようにしきりに鳴き叫んで食事をねだっている始末です。あまりに雄がしつこく鳴くので雌が獲物を半分ほど残すと、雄はそれを必死になって食べています。これではまるでヒモ状態ですから今年は繁殖もあまり期待できないかもしれません。

・雌(撮影距離 約80m)





・雄

・飛んでる姿はカッコいいんですが・・



Posted at 22:44 | ハヤブサ | COM(3) | TB(0) |
2013.11.16

ハヤブサ(雌)

このフィールドは、背景に人工物が移り込むことが多いんですが、この日は珍しくちょっと良い感じの場所に止まってくれました。
光や空気の条件が良かったため距離は約80mありますが、比較的クリアに撮ることができました。









Posted at 08:35 | ハヤブサ | COM(2) | TB(0) |
2013.08.18

ハヤブサ幼鳥









Posted at 08:47 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2013.06.30

ハヤブサ兄弟の空中バトル

巣立って10日ほどのハヤブサ兄弟ですが、もう親と変わらないくらいに自由に空を飛び回るようになりました。
いつも餌を独占しようとしている1番仔が親から餌をもらって帰ってきました。そこにお腹を空かした2番仔が、激しく鳴きながら1番仔が掴んでいる餌を、強引に奪おうと突っ込んできました。兄弟で激しく餌を引っ張り合うような形になりましたが、結局1番仔に力負けしたのか奪い取ることはできませんでした。
この場所でこういったシーンを撮影するチャンスはシーズン中に数回あるかどうかですが、曇り空で光線が逆行気味の場所で行われましたので、設定していた露出を瞬間的に+3まで上げてなんとか色を出したという感じです。ハヤブサの飛翔は高速ですから肉眼では何が起こったのかわからないくらいの一瞬の出来事でしたが、ファインダーに捉えることができたのはラッキーでした。
※ 写真は数週間前に撮影したものです。

・飛翔姿は親と変わらないくらいに堂々としたものです。

・脚をのばして必死に餌を奪い取ろうとしています。


・餌をしっかりと掴んだ瞬間ですが、お互いの羽が激しくぶつかっているのが分かります。

・結局餌を奪い取ることはできませんでした。



Posted at 15:07 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2013.06.16

ハヤブサ幼鳥(巣立ち2日目)

巣立ち2日目のハヤブサの幼鳥です。
比較的近い所(約55m)にとまり、まだ生え揃ったばかりの美しい羽根を存分に披露してくれました。

※ 写真は数週間前に撮影したものです。









Posted at 07:13 | ハヤブサ | COM(4) | TB(0) |
2013.06.04

ハヤブサの雛

 このハヤブサの生息拠点は、数十メートルの至近距離で多数の方が日常的にレジャーを楽しんでいるという特殊な場所にあります。
そのため、通常は鳥へのストレスの配慮から、造巣期から巣内育雛期にかけては巣近辺には近寄らないようにしていますが、この場所は日頃から人との距離が近い環境にあるため、通常の撮影場所で撮影をしている限りにおいてはハヤブサへのストレス負荷はほぼ無いものと判断し、6年前から定期的に観察と撮影を続けています。
 これまで、巣内育雛期の写真掲載は自粛してきましたが、昨年はマスコミでも報道されるなど周知の場所となっており、また今年も2羽の雛が無事に巣立ったことから、巣内雛の写真の一部を掲載します。
 今年は巣の岩棚に枝が被り、まともな写真が撮れませんでしたので、綿雛の写真は数年前に撮影したものです。
 なお、近距離で撮影しているように見えるかもしれませんが、800mmのレンズで撮影し、かなりトリミングしていますので距離は85m程度離れています。
・2010年撮影
 



・今年撮影 このように枝が巣棚の前面を覆い、更に年々伸び続けていますので、このまま放置すると
来年の営巣に確実に支障をきたすものと懸念しています。



Posted at 22:11 | ハヤブサ | COM(2) | TB(0) |
2013.05.18

ハヤブサの空中餌渡し

ハヤブサは営巣期を中心に雄が捕ってきた獲物を雌に空中で渡すことがあり、猛禽撮影をしていて最も撮影したいシーンのひとつです。
その頻度はペアによっても、また同じペアでもその年によって異なります。
このペアは、例年あまり空中餌渡しはしませんが、今シーズンは1週間ほどの間だけ日によっては2~3回餌渡しをしてくれました。
ただ、それを撮影するとなると、距離、光線、ハヤブサの向きなどの条件が揃わないとまともな写真になりません。そうした条件が揃うのはシーズンを通しても数回程度しかなく、そのいつ訪れるかもわからない数少ないチャンスを、ひたすら集中して待つことになります。そうした、辛気臭さにくじけそうになりながら撮影したシーンです。

(※ この写真は数週間前に撮影したもので最近は全くしていないと思います。)







Posted at 18:39 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |
2013.05.04

ハヤブサ

最近は遠征する気力も衰え、休日は専ら近所のハヤブサを撮影しています。
そのため、ハヤブサ写真の在庫は山のようにたまっていきますので、今回はその中の一部を掲載します。

飛翔や飛び出し写真は、動感を出すためにできるだけシャッタースピードを遅くし、羽先をブレさせ眼だけを止める
ようなイメージで写すようにしていますが、なかなか思うようには撮れません。










Posted at 18:03 | ハヤブサ | COM(4) | TB(0) |
2013.04.13

ハヤブサの食事

・雄から餌をもらった雌は叫びながら飛び出し

・お気に入りの樹に向かい

・飛びつき

・むさぼるように食事をしました

・犠牲になったムクドリは可哀想ですがハヤブサもこれから子育てをしていくために懸命です

・食べ終わるとしばらく休憩をした後飛び立ち


・上空を悠然と旋回しました



Posted at 21:40 | ハヤブサ | COM(0) | TB(0) |