FC2ブログ
2008.09.26

八重山諸島遠征 2日目(カンムリワシ)

  2日目は日の出前の午前6時頃から、飛び立つ前のアカハラダカが樹に止まっていないか探すために、重い機材を担いで3時間程山の中を歩き回りましたが、まだ島に来ているアカハラダカの数が少ないようで見つけることができませんでした。
  そして、午前9時30分頃から12時30分頃まで渡りの観察ポイントに移動してアカハラダカを撮影しましたが遠くを5羽飛んだだけでほとんどまともに撮れませんでした。
 その後はひたすら日が暮れるまでカンムリワシ探しです。リストアップしていたポイント13箇所を順番に探すと今日も3個体見つけることができました。途中もう渡ってしまってほとんどいないと思っていたリュウキュウアカショウビンが20mほど離れた枝に止まってくれて記念写真を撮らせてくれました。

               (3日目以降は写真の整理ができ次第順次掲載します。)

※ カンムリワシの顔のアップシーンは至近距離で撮影しているように見えますが、600mm+1.4テレコンで撮影しトリミングをしていますので、それなりに距離は離れています。

・カンムリワシ(個体D)



・カンムリワシ(個体E)


・カンムリワシ(個体F)

・風に吹かれてカンムリが立っています。

・あくびをして口の中まで見せてくれました。

・瞬膜を閉じたところです。(瞬膜の毛細血管が確認できます)

・リュウキュウアカショウビン



・ズアカアオバト

・エゾビタキ 

・これだけの美しいエメラルドグリーンの海が間近にありながら4日間山に籠っていました。


スポンサーサイト