FC2ブログ
2008.10.10

タカの渡り(サシバ)

  ここ数年毎年タカの渡りを撮影している場所に、今年も10月3日から2泊3日で遠征に行ってきました。
  3日の午前2時頃に撮影ポイントに到着し、少し仮眠をとって日の出前の午前5時30分頃からスタンバイしました。この日は時折小雨がパラつく空模様でしたが、午前6時30分頃から午前7時頃にかけて、あちこちで50~150羽くらいのタカ柱が湧き上がり幸先のいいスタートとなりました。その後もほぼ途切れることなくサシバを中心にハチクマ、ノスリ、ツミ、チゴハヤブサ、ハヤブサ、ミサゴ、オオタカなどが観察され、午後5時30分頃まで撮影しましたが、この日は4,000羽を超えるタカが渡ったとのことで、今シーズンの最多数だったようです。 ただ、観察をするには見応えがあったんですが、撮影となると空が真っ白で距離も遠く今一つでした。
 4日も午前6時前からスタンバイしましたが、この日は天気にも恵まれ絶好の撮影日和となりました。東の空が白みはじめた頃から飛び始め、朝日を背に浴びて飛翔するサシバやハチクマを撮影することができました。その後、午前中を中心に断続的に単独又は少数群が渡っていき、午後5時30分頃まで撮影しましたが数は前日には遠く及ばず400羽程度となりました。しかし、光が良かったのでそれなりの写真を撮ることができました。
 5日は小雨がパラつく空模様で、数もほとんど飛ばず、まともに撮影することができませんでした。そのため予定していた時間を繰り上げて午前中で撤収しました。
 
  あまり多く写すと後の整理が大変ですから、極力シャッター数を抑えるように心がけていますが、それでも3日間で約600枚写してしまいました。その中で比較的近距離を飛んだ写真を鳥種別に順次掲載していきます。まずはサシバからです。

・3日撮影(天気が悪かったのでどれも今一つです。)








・カラスに絡まれていました。


・4日撮影
朝日を浴びて



・目線をくれました。







スポンサーサイト




Posted at 21:05 | サシバ | COM(8) | TB(0) |