2008.12.14

紅葉にノスリ

 紅葉を背景としたノスリを撮りにノスリフィールドに行ってきました。
 ここのノスリは半径2km程の山間部を行動範囲としていますが、お気に入りの場所が大体決まっていますので比較的簡単に見つけることができます。 
 一番背景と光線のいいポイントにブラインドを設営して12時頃から15時30分まで待ちましたが、全く姿を現してくれませんでした。
 このポイントを諦めてブラインドを撤収し、車をゆっくりと走らせながら周辺を探すと、お気に入りの電柱に留っている姿を確認しました。
 16時頃になっていましたので夕陽が射してちょっといい雰囲気に撮れたんですが、電柱では台無しですね・・・  











この記事へのトラックバックURL
http://moukin.blog121.fc2.com/tb.php/140-8444c0e8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
またまた息を呑むような絶妙な写真ですねo(*'o'*)o ウオオォォォォ!!
薄いピントで飛び出しの眼にジャスピンさせるのはさすがですね(*^▽^*)o~♪
Posted by M.K at 2008.12.15 15:18 | 編集
電柱もなんのその、奇麗ですね。
この雰囲気参考にさせていただきます。
Posted by goshawk at 2008.12.15 19:40 | 編集
M.Kさん こんばんは^^
朝夕の低い角度からの日差しは眼の奥まで光が入りやすいし、コントラストも高くなりすぎずいい感じに撮れることが多いですよね^^
ですから極力日の出前にフィールドに着くように早起きしています^^

Posted by ハリスホーク at 2008.12.15 22:00 | 編集
goshawkさん こんばんは^^
ノスリのモコモコ感が出てやさしい感じに撮れたんですが、やはり電柱では・・・
Posted by ハリスホーク at 2008.12.15 22:02 | 編集
こんばんは。
昨日は、お久し振りでした。
帰られた後、チュウヒが飛んでたようですが、私は事務所へ篭ってたので、撮れずでした。(^^ゞ
それにしても育ちの良いノスリで、コロンコロンですね。
家の近所に居るのは、小さい獲物ばかり食ってるようで、とてもスマート。
コロンコロンの方が、ノスリらしいですけど。
Posted by kuwa at 2008.12.15 22:33 | 編集
kuwaさん こんばんは^^
このノスリは育ちがいいのか、毛もフワフワで触ったら気持ちよさそうですね^^
去年からの付き合いですから顔を覚えてくれていたのか、大分近くで撮らせてくれるようになりました^^
Posted by ハリスホーク at 2008.12.15 23:06 | 編集
こんばんは

何時も私の撮ってるノスリと別物みたいです。

こんなに綺麗なんですね。
何時も同じところにいるんですが、最近は
又いるのか!! ッて感じでした。

腕が違うんですね。
今日初めてWH200を持ち出しました。
止まり物は少しブレを気をつけなければなりませんが
飛び物はとても楽ですね。

オオタカらしいのが大きな獲物を飛びながら食べてました。
猛禽用に1.7テレコンつけても遠すぎて、等倍以上でのトリミングでもはっきりわかりませんが、覗いてください。

どうもロクヨンがテレコンつけるとひどい前ピンになってしまうので
テンション下がりっぱなしです。
Posted by あきGG at 2008.12.16 01:05 | 編集
あきGG さんこんにちは^^
ノスリはあまり綺麗なイメージはありませんが、光によっては結構綺麗に見えますし、写真のように毛を少し膨らませている時はかわいい感じがしますね^^
Posted by ハリスホーク at 2008.12.16 14:13 | 編集
今晩は 「のすりさん」 こんな風に撮れるんですね 目からうろこ状態です (・_・)
もこもこが 可愛い? 飛び出しも素晴しいですね ブラインドって 効果はどの様な物でしょうか
効果が有りそうでしたら 考えて見たいんですが お勧めって有りますか?
撮影の スタイルは 御一人の方が多いんでしょうか? すいません?ばっかりで 
 m(_ _)m
Posted by まっちゃん at 2008.12.16 19:56 | 編集
まっちゃん さん こんばんは^^
僕の撮影方法ですが、本気度によって①~⑤まであります。当然本気度が高くなるほど数字が大きくなりのす。
①機材そのまま
②機材をカムフラージュネットで覆う
③日本野鳥の会のワンタッチ迷彩ブラインドを使用
④モンベル カモワッチブラインドを使用
⑤モンベル カモワッチブラインドをカムフラージュネットで覆う

猛禽に対してのブラインドの効果は絶大ですが、不審者に間違えられないように設営には地主や管理者の許可を得るなど、使用条件がかなり制約されるのが難点です。
ですから②の方法を最も多く用いています。ブラインドには劣るものの明らかに効果があります。

撮影スタイルは撮影場所と被写体によって複数で行く場合と単独の時があります。警戒心の強い猛禽をじっくりと狙う時にはほとんど単独ですね^^というか結構過酷な場合が多いんで知人をお誘いするのは気が引けます^^


Posted by ハリスホーク at 2008.12.16 20:41 | 編集
電柱であっても,ノスリの羽毛の柔らかさがすごくよく表現されていて,いいなと思いました。優しいノスリです。
一転して,飛び立ちの一瞬をみごとに捉えていますね。足の爪はしかりと電柱をつかみ,微動だにしていません。精悍な顔つきに惹きつけられます。
羽ばたき,狩りに出かけたのでしょうか?この爪に捕まれたらひとたまりもありませんね。
Posted by at 2008.12.18 21:18 | 編集
和 さんこんばんは^^
このノスリは大分僕に慣れてきたのか時々やさしい表情を見せてくれるようになりました^^
飛び出しは狩りに出かけたのではなく、カラスがちょっかいをかけてきたので逃げ出したところです^^

Posted by ハリスホーク at 2008.12.18 22:01 | 編集
管理者にだけ表示を許可する