2012.07.16

チゴハヤブサ

チゴハヤブサを撮影に遠征に行ってきました。
この日はあいにくの曇り空でしたので背景が真っ白になってしまい綺麗な写真が撮れる条件ではありませんでした。
そのためチゴハヤブサが時折見せてくれる微妙な表情を表現するイメージで撮ることに集中しました。

・雄




・雌





この記事へのトラックバックURL
http://moukin.blog121.fc2.com/tb.php/267-1a05a0b7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ハリスホークさん

この日に同じ場所でキャノンの500mmで撮っていましたT.Mと申します。
いつもブログ拝見させていただいていますがハリスホークさんの写真は凄いと鳥友の間でも評判になっています。
ハリスホークさんと判ればお話をさせていただき、ぜひともいろいろと教えていただきたかったんですが大変残念です。

今回も同じシーンでもハリスホークさんが撮るとこんなにも違うものかと衝撃を受けています。

またどこかでお会いした時はお声をかけさせていただきたいと思いますのでよろしくお願いします。
Posted by T.M at 2012.07.17 18:45 | 編集
こんにちは。

今回の禽も、オス・メスともに綺麗な個体ですね。
いつもそうなんですが、ハリスホークさんの写真は、眼の表情が抜群なんですよね。
眼にピントを合わせておいて、こやって・・・って、きっと何か「技」があるのでしょうね。

いつか、我が家のハリス(空:そら)やタヌキ(しし丸)他の動物たちも撮っていただきたいです。
やはり、ジェスやリード付きはペケですかね?
Posted by しし丸父 at 2012.07.17 22:47 | 編集
T.Mさん こんばんは^^

キャノンの500mmを使っておられた方ですね、先日はお疲れさまでした^^

私も良い写真が撮れるように、まだまだ日々修行中の身ですから、お教えできるようなことがあるかどうか分かりませんが、いろいろな方と知り合えるのも遠征の楽しみのひとつだと思っていますので、次に見かけた時はぜひ声をかけてください、よろしくお願いします^^
Posted by ハリスホーク at 2012.07.17 23:01 | 編集
しし丸父さん こんばんは^^

「技」というほどのことはないんですが、常に眼を捉え、ぶれない様にして写すだけです^^
ただ数十メートル離れている猛禽の直径数ミリ程度の眼をピンポイントで狙い、寸分のブレもなく写すというのは簡単なようで結構難しくて、私もまだまだ修行中です^^

私は猛禽はもちろんですが動物全般好きですから、お近くでしたら、ハリスもタヌキも他の動物も撮らせていただくんですが、私は京都ですからちょっと遠いですね

こちら方面に来られる機会があればお連絡いただければ、日程さえ合えば撮らせていただきますよ^^
Posted by ハリスホーク at 2012.07.18 21:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する