2013.09.01

オオタカ幼鳥

肉眼ではオオタカが居ることすら確認できないほどの暗い状況でしたが、800mmのレンズの場合1/10~1/20秒くらいまではシャッタースピードを落とせますので、ISOは極力上げずにシャッタースピードをできるだけ落として、周りの光をオオタカの眼を中心に集めるようなイメージで写しました。







この記事へのトラックバックURL
http://moukin.blog121.fc2.com/tb.php/292-6bad3320
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
う~ん素晴らしいです。
撮影秘話も楽しみです。

自分の場合、オオタカポイントで
お会いできたから気軽にさせていただいているのですが
そうでなければ素晴らし過ぎてコメントしずらいかも・・・
楽しみに拝見させていただいています。
Posted by t-fox at 2013.09.05 07:14 | 編集
t-foxさんこんばんは^^

これからもお気軽にコメントしてください^^
もし関西方面に来られることがありましたらお連絡ください
^^
Posted by ハリスホーク at 2013.09.05 22:45 | 編集
おぉ、チビタカ鳴いていますねぇ。
近くに親鳥がいるのでしょうね。

国レベルで保護して来たからでしょうか、
最近オオタカを見かけたとの話を、よく聞きます。

爪が伸びていますね。
ニッパとヤスリを持って行って、
コーピングしたくなっちゃいますねぇ。(^^;
Posted by しし丸父 at 2013.09.10 14:20 | 編集
しし丸父さんこんばんは^^

巣立って2週間ほどのオオタカですが、この時期兄弟でしきりに鳴き交わしていました

オオタカが増えてきているというのは私もフィールドをまわっていて実感しますね!

やはり猛禽を飼われている方がこの爪を見るとそう思ってしまうんですね^^たしかにかなり痛そうですからね^^
Posted by ハリスホーク at 2013.09.10 23:24 | 編集
管理者にだけ表示を許可する