2014.10.18

オオタカ幼鳥

この幼鳥はかなり警戒心が強かったので、数センチ程度の葉っぱの隙間から写しました。
肉眼ではオオタカが居ることすら判らないくらい暗い状況でしたが、SSを限界まで下げて、わずかな木漏れ日の光を眼に集めるイメージで写しました。






この記事へのトラックバックURL
http://moukin.blog121.fc2.com/tb.php/320-07d774b0
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ハリスホークさん、お久しぶりです。(^^;

オオタカくん、若のくせに長い人生を苦労して歩んで来た、、
みたいな面がまえですねぇ。
やはり、私の周囲にいる飼い禽とは質感が違います。

トヤが終わって、横模様になった同じオオタカくんを
見てみたいものです。
Posted by しし丸父 at 2014.10.24 22:35 | 編集
しし丸父さん

お久しぶりです^^

やはり野生の猛禽は狩りたての新鮮な餌を食べているせいか、羽や嘴の色艶がいいですね、そして眼光も鋭いような気がします^^

Posted by ハリスホーク at 2014.10.25 00:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する