2007.10.14

ハヤブサ観察

今日は天気が悪くなるという予報でしたので、探鳥地Aに定期観察をしているハヤブサ(雄)を観に行ってきました。3週続けてタカの渡りに行っていましたので、ここに来るのは4週間振りになってしまいました。9時前に到着し観察を始めましたが、姿が見えないので、心配していると11時頃に800mほど離れた鉄塔に留まっているのを確認しました。そして鉄塔を飛び立った数分後、ヒヨドリを&摑んで戻ってきて、上空を鳴きながら旋回していると、この辺りではあまり見かけないので、渡りの途中と思われるノスリが2羽接近してきました。バトルになるのかと思いましたがハヤブサはゆっくりと飛び去って行きました。
餌を持って鳴きながらの旋回飛行は、付近にいると思われる雌に対しての求愛行動の可能性が高いと思います。これからのペアリングに期待が持てそうです。





この記事へのトラックバックURL
http://moukin.blog121.fc2.com/tb.php/59-f4ae658c
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
ハリスホークさん、こんばんは。
ハヤブサ元気にしているんですね。うまくペアリングするといいですね。
Posted by ヤマセミ at 2007.10.15 23:57 | 編集
ヤマセミさんこんばんは。
元気にしっかりとテリトリーを守っていますよ。これからも週1回は観察に行くつもりです。
Posted by ハリスホーク at 2007.10.16 00:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する