2007.11.11

ハイタカ

 今日は、周辺の環境から必ず猛禽がいるはずと以前から目をつけていたE山に登ってきました。朝9時頃に山頂に着きましたが、いつ雨が降ってもおかしくないような空模様で、冷たい強風が吹き上げてくる過酷な情況でした。
観察をしていると、10時過ぎに400mくらい離れた山麓からフワッと茶色っぽい影が浮かび上がるのが目に入りました。「タカだ!」と思いファインダーに捉えるとハイタカの若鳥だと確認できました。ハイタカは旋回しながら高度を上げると山の稜線に沿って、一直線にこちらに近づいてきました。そして私のいる場所から70mくらいのところをかすめるようにして飛び去っていきました。
 恐らく、飛び上がった付近を寝ぐらにしていて、お決まりの場所に狩りに向かったのだと思います。夕方まで観察すれば帰ってくるのを見ることができたと思いますが、雨が降ってきて、寒さにも耐えられなかったので13時に撤収しました。
 この場所はカメラマンが誰も入っていない場所で、他にも猛禽がいる可能性が高いと思いますのでこれからも時々観察に行くつもりです。

写真は空抜けに見えますが背景は靄がかかった山です。






この記事へのトラックバックURL
http://moukin.blog121.fc2.com/tb.php/66-dd8dcf7e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する